岡崎ロータリークラブ

■岡崎ロータリークラブ 事務局 住所:岡崎市東明大寺町16番地2 明和荘2 102号
■TEL:(0564)22-0088 ■FAX:(0564)22-0188 ■E-Mail: rc-okazaki@gol.com
トップページ
岡崎ロータリー
17〜18年度会長方針
ロータリーの目的
クラブ概況
例会場のご案内
Weekly Report
行事予定
委員会計画
歴代会長
※以下のページをご覧になるには会員のIDとパスワードが必要です。
クラブ会報
サロン〈掲示板〉
第2760地区
ガバナー紹介
17〜18年度方針
クラブ拡大表
ガバナー月信
ガバナー月信web版
岡崎ローターアクトクラブ
リンク集
会員関連サイトリンク集

←当クラブへのお問合せはこちらから。
サイトマップ

委員会計画

 社会奉仕委員会    委員長 谷 泰男  副会長計画
  1.職業分類委員会
  2.会員選考委員会
  3.会員増強委員会
  4.ロータリー研修 ・
    情報委員会

  5.会場監督(S.A.A)

 クラブ奉仕委員会
  1.出席委員会
  2.プログラム委員会
  3.クラブ会報委員会
  4.親睦活動委員会
  5.会場委員会
  6.雑誌委員会
  7.広報委員会
  8.ニコニコ委員会

 職業奉仕委員会

 社会奉仕委員会
  1.岡崎ロータリークラブ
    奨学基金委員会

  2.環境保全委員会

 国際奉仕委員会
  1.ロータリー財団委員会
  2.米山記念奨学会委員会

 青少年奉仕委員会
  1.インターアクト委員会
  2.ローターアクト委員会
  3.青少年委員会

2017-18 年度国際ロータリー会長イアン・ライズリー氏は、環境問題について、今日、環境の悪化と気候変動は全人類への脅威となっており、影響を最も受けやすいのは弱い立場にある人たちであり、そのような人たちこそ、ロータリーが助けていく必要があります。 環境の持続可能がロータリーの懸念分野ではないと言えたのは、昔の話で、今や環境問題はあらゆる人にとって懸念すべきことです。

そこで、各会員につき少なくとも1本の植樹をするよう、すべてのロータリークラブにお願いをされており、この取り組みで 120万本の新しい樹木が植えられ、環境への良い影響があることと同時に、この取り組みを通じて、この地球に住む人だけでなく、私たちが住み、頼っている地球そのものを救う責任がロータリーにあると、私たちが気付くこと、これを 2017-18 年度のロータリーの取り組みとすることが出来ます。

2017-18 年度国際ロータリーのテーマは「ロータリー:変化をもたらす」です。 奉仕の方法はたくさんあります。 ただ、奉仕を通じて地域または、人びとの人生に変化をもたらせるような事業を考えていきたいと思います。

今年度、岡崎ロータリークラブの重点項目にもある「地域と連携した社会奉仕活動の実践」この重点項目を特に重要視し、ただ植樹をするだけでなく、地域とのつながりを深め、会員一人一人が体を使って行い、地域または、人々の人生に変化をもたらす社会奉仕活動を考えます。

また、ロータリーファミリーと連携し、RAC,IACの奉仕事業への参加も考えてまいります。