岡崎ロータリークラブ

■岡崎ロータリークラブ 事務局 住所:岡崎市東明大寺町16番地2 明和荘2 102号
■TEL:(0564)22-0088 ■FAX:(0564)22-0188 ■E-Mail: rc-okazaki@gol.com
トップページ
岡崎ロータリー
17〜18年度会長方針
ロータリーの目的
クラブ概況
例会場のご案内
Weekly Report
行事予定
委員会計画
歴代会長
※以下のページをご覧になるには会員のIDとパスワードが必要です。
クラブ会報
サロン〈掲示板〉
第2760地区
ガバナー紹介
17〜18年度方針
クラブ拡大表
ガバナー月信
ガバナー月信web版
岡崎ローターアクトクラブ
リンク集
会員関連サイトリンク集

←当クラブへのお問合せはこちらから。
サイトマップ
2015〜2016年度
会長方針 岡崎ロータリークラブ 会長 丹羽良治
「楽しいロータリーを」−陰の時代から陽の時代に−

私は世の中が陰陽を 50 年のサイクルで繰り返すという説を信じています。前回、陰から陽になった節目は 1960 年、日米安保闘争で日本が二分され、大混乱を来たしました。そこを通過し、陽の時代となりました。池田内閣の所得倍増政策、東京オリンピック、いざなぎ景気、オイルショックを乗り越え、バブル経済まで明るい陽の時代が続きます。

その後、バブル崩壊、失われた 20 年と日本にとっては暗い陰の時代となっていきました。

その間、政変も起こり、細川内閣の「日本新党」、村山内閣の「自社さ」、そして最近の鳩・菅・野田内閣の「民主党」政権が出来上がりました。不思議なことにそんな時に天災人災が起こるものです。米不足を引き起こした歴史的冷夏、阪神淡路大震災、オウム事件、 東日本大震災、並びに原発事故の拡大と民主党政権による大混乱、そして同時に起こった天災人災を越え、世はまた 50 年周期により再び明るい「陽」の時代に返ってまいりました。

我々は 4 半世紀続いた暗い世に慣れてしまい、仲々、明るい世になじめずにいると思っています。季節で言うなら陰の時代は秋冬、陽の時代は春夏と、今日はまだ冬が終わって 3 年目の早春といった頃と考えます。徐々に春爛漫に向かって確実に動き出している頃であります。いまだ真冬の衣服をまとって冬の生活をしていては病気になってしまいます。夏に向けての明るい時代への準備があります。デフレからインフレ、人余りから人不足、金余りから金不足?そんな中でロータリーを大いに楽しんでください。楽しむ秘訣は参加すること、知ること。また、分かり合う仲間がいること、その結果として職業上の成果が上がること等々、ロータリーには「楽しみ」が多くあります。仲間と共に楽しいロータリーを・・・。

そして、陽の時代をより満喫出来る様に、今から準備をしていくことが必要です。